塗料の種類

塗装・工事塗料の種類

塗料っていつ頃からあるんでしょう?

日本では古くから漆や漆喰が使われてきましたが

現在の形になったのは150以上前の1854年(安政元年)に日米和親条約交渉を行う建物に塗られてからといわれています。

そして1881年(明治14年に)東京の光明社設立が日本塗料工業のスタートとなっています。

 

主に建築で使われる塗料は

•塩化ゴム塗料
•不飽和ポリエステル樹脂塗料
•ウレタン樹脂塗料
•エポキシ樹脂塗料
•アクリル樹脂塗料
•ビニル樹脂塗料
•アミノアルキド樹脂塗料
•アルキド樹脂塗料
•ニトロセルロース塗料
•油性塗料
•エマルジョン塗料
•調合ペイント
•チタン白ペイント
•グラファイトペイント

などなどわけのわからないくらいの種類があるんですが

おもに現在の主流は概して安い順に
1. アクリル塗料
2.ウレタン塗料
3.シリコン塗料
4.フッソ塗料
5.光触媒塗料
6.カルセラレンガタイル(塗料ではない)

がお勧めのラインナップになっています。

塗料の種類

お目当ての塗料はこちらにあります。

⇒塗料 通販 ペインレシピ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA